インフォテイメント研究所


Infotainment Research Center


インフォテイメント研究所は、金融教育や行動経済学、金融政策分野の最新分析を論文形式で提供します。

The Infotainment Research Center, located in Tokyo, Japan, provides original research papers focusing on behavioral economics, monetary policy and financial education.



論文更新履歴 (The list of released studies)


日本語論文 (Japanese Written Studies)

2024年6月3日(New)論文「今次インフレ期における企業の期待インフレ率」(PDF)を掲載しました。(サマリー

2024年2月14日     論文「わが国家計のインフレ実感:形成過程と期待インフレ率との関係」(PDF)を掲載しました。(サマリー

2023年12月7日   論文「インフレ実感からみた家計の期待インフレ率」(PDF)を掲載しました。(サマリー

2023年11月16日       論文今次インフレ期における期待インフレの不安定性(PDF)を掲載しました。(サマリー)

2023年6月9日          論文家計のリスク資産形成策を批判的に検証する(PDF)を掲載しました。(サマリー)

2023年 5月13日        論文職場を利用したファイナンシャル・ウェルビーイング向上策(FWP)」(PDF)を掲載しました。(サマリー)

2022年10月30日       論文「行動経済学の金融政策への応用」(PDF)を掲載しました。(サマリー)

2022年5月6日          論文「なぜ女性の金融リテラシーが男性よりも低いことが問題なのか」(PDF)を掲載しました。(サマリー)

2022年4月15日        論文急増する米国の詐欺被害と金融教育の重要性」(PDF)を掲載しました。(サマリー)


英語論文(English Witten Studies)

Feb. 2024  (New)"Japanese Households' Inflation Perceptions: The Formation Process and Their Relationship with Inflation Expectations" (PDF)

Dec. 2023            "Instability of Japanese Household Inflation Expectations During the Current Inflationary Phase" (PDF)

June 2023              "Japanese Households' Financial Asset Allocation: A Critical Study of the Government's Asset Relocation Policy"(PDF)

Jan. 2023               "Application of Behaviral Economics to the Central Bank's Communication with the General Public"(PDF)

Nov. 2022             "Gender Gap in Financial Literacy: A Case Study of Japan"(PDF)